自分に合っている育毛剤を見つける

ロゴ
トップページ
<効果があるかないか>
体に生えている毛は、体を守る役割があるとされています。特に髪の毛は何かの拍子で頭をぶつけた時に、クッションになります。髪の毛が生えていないと、頭部の皮膚は非常に薄いので、何かの拍子に頭部をぶつけた時に切れてしまうこともあります。生まれたての赤ちゃんは、髪が薄い、産毛ですので、特に注意が必要です。 また、髪の毛はお洒落が出来る部分でもあります。染めてみたり、様々な整髪料を使ってみたり、パーマをかけることもありますし、くせ毛をコテでストレートにしたり、巻き髪にしてみたり、そこまでしなくても、だいたいはドライヤーをかけて髪の毛をセットします。しかし、過剰にしすぎると熱で髪の毛や頭皮を痛めてしまいます。 お洒落もそうですが、髪の毛の薄さも気になります。年を取ると、否が応でも薄くなっていきます。また、若くても薄い場合もあります。薄さは人それぞれですが、一つ言えますのは、髪の毛は親からの遺伝でもあるということです。くせ毛も遺伝ですから、ある程度までは仕方のないこと、と言えます。また、薄くなることは髪の毛が細い、または細くなる、抜け毛が多くなるからとも考えられます。女性の場合、結いあげたり、編み込んでみたりと、髪の毛をひっぱることも多く、その原因で、薄毛、つまりは牽引性脱毛症になることもあります。そのために、常に髪の毛をひっぱってまとめているヘアースタイルだった昔、江戸時代では毛生え薬が売られていました。現在でも、男性にも見られるドレッドヘアーなどで何年も髪をひっぱっている場合には注意が必要でしょう。 また、心因性のもので、円形脱毛症になることも良く聞く話です。薄毛を防ぐためには、日ごろの手入れと心身共に健康であることが必要であるとも言えます。つまり、髪の毛を気にするということは、体に気をつけることに繋がるわけで、何をすればよいかと言えば、食生活、ストレス、清潔に注意することです。 避けて通れない髪の毛の問題の対応に、育毛剤を使うということがあげられます。若い方もコマーシャルで若い俳優さんを起用した育毛剤を使っている方も多いでしょうし、お年を召された方も、育毛剤を使っていることが多いでしょう。安価なものから、高価なものまで様々な種類が販売されています。効果があるかないかと疑問に思いながらも使い続ける方もいらっしゃるでしょう。合わないから、と取り替えひっかえしていると、逆に髪の毛や頭皮に良くありません。それは、成分が頭皮に染み込んでしまうからで、逆効果になってしまいます。ですので、合うものを見つけたいものですが、自分に合っている育毛剤を見つけるにはなかなか骨の折れるものです。 ここでは、育毛剤の紹介や正しい使い方、髪の毛についての知識などを紹介していきたいと思います。

<育毛剤を使用することが望ましい>
育毛剤は薄くなった髪の毛を増やす訳ではなく、血行を良くして残っている健康な髪の毛の毛根に栄養を与えます。1本の髪の毛にハリやコシがあれば、育たなくなった髪の毛をカバーしてボリュームを出すことも可能になるわけです。栄養と言うものは、体のどの部分にも必要なのですが、生きていくうえでは、やはり毛根や髪の毛よりも、まずは内臓から吸収され、髪の毛はそのあとになります。ですからやはり、まずは体の健康を保つことが必要不可欠になりますし、大豆や魚と言った栄養分をバランスをよく取り、体に充分に栄養が行きわたった状態で、育毛剤を使用することが望ましいでしょう。 育毛剤は何も液体だけではなく、サプリメントも発売されています。どのようなサプリメントかと言いますと、BUBUKAは体の内外から育毛を補助してくれるエキス、M‐304という成分が含まれています。ミノキフィナはミノキが育毛の成分であり、フィナ(フィナステリド)は薄毛を防止する成分で、育てることと薄毛を防止することが一度に出来る製品です。ミノキフェナと併用して使用するのに良い製品は、フィナステリドで、これは薄毛の原因とも言われる男性ホルモンDHTを抑えるものでもあります。この成分が多く含まれているミノキシジルタブレットは生え際部分に効果があるとされています。ミノキは液体タイプの養毛剤にも含まれていて、ドラッグストアで販売されている、リアップがそうです。フィナステリドはプロペシアとも言われていますので、液体を選ぶ場合には含まれているかチェックしてみるといいでしょう。これらの成分は、日本皮膚科学会からA評価がつけられています。注意点としては、人により体毛が濃くなってしまうことです。ですので、きちんと説明書を見るのが必要でしょう。これらの製品は、インターネットで販売されています。



Copyright(c) 自分に合っている育毛剤を見つける. All right reserved.